減額するには

交通事故の被害者に支払う慰謝料を減額するには

いかに気をつけようとも、車を運転している以上、過失によって相手に損害を与えてしまう恐れは十分にあります。そして、もしものために備えておく必要性は高いです。例えば、保険に加入し、相手に負わせた損害を保険金よりから支払うといった方法が考えられます。ただし、加入している保険によっては、賄いきれない場合もあります。そうなると、交渉で慰謝料や損害金の減額をしてもらうしかありません。

しかし、単に減額をするということは最適ではありません。被害者は、被害に遭ったことで生活に支障をきたすことがあり、その場合は損害賠償金や慰謝料が生活を立て直すための資金となるためです。ただし、相手も不当な金額を提示してくる場合はあるので、そういった場合には慰謝料の減額を考えると良いでしょう。

交通事故の慰謝料を減額するためには、示談で話をまとめるか、訴訟で請求されたなら勝たなければなりません。この時に、強い味方となってくれるのが弁護士です。弁護士というと、請求する側につくイメージが強いですが、訴えられた被告側の権利を防御する時にも、重要な役割を果たします。

例えば、相手の請求権の存在を覆滅する抗弁を出したり、時効が発生している場合には時効を援用したりします。そのことで、相手は権利を主張することができなくなり、結果的に依頼者の権利が守られることとなります。

交通事故についての紛争だと、相手の請求を退けたり請求の範囲を狭めたりして、被告の負担を軽減することとなります。このように、交通事故で弁護士に仕事を依頼するメリットは、加害者にとってもあるのです。

ただし、それだけでなく、早期に解決を図れるというメリットもあります。原告被告双方に弁護士が付いていれば、訴訟の進行が円滑になり、裁判所の手を煩わせずに判決まで至ります。人によっては、紛争が宙ぶらりんになっていることの方に不快を感じる場合もあります。そういう方にとっては、早期解決は大きなメリットなのです。

以上のように、交通事故の加害者が相手に支払う慰謝料を減額したいのであれば、弁護士を多用ことが賢い選択です。それに、すぐに紛争を終わらせることができるので、精神的な負担が軽減されます。また、支払わなければならなくなったとしても、ベストを尽くした結果であれば、交通事故の加害者は支払うことを受け入れやすいと言えます。したがって、弁護士に仕事を依頼することは、交通事故の紛争解決のためには必要です。