自転車置き場とは?

厚木の一戸建ての自転車置き場とは?

神奈川県の厚木市は、住みたい街ランキングにも常に入っている人気の街です。都内へのアクセスもしやすく、通勤されている方も非常に多いです。そんな人気の街ですが、やはり高層マンションなども多いという傾向があります。

しかしそんな中でも厚木で一戸建てに住むとうことを希望されている方も多いのです。町並みも素敵ですし、海も近く、中華街などの楽しめる場所、みなとみらいなども栄えていますし、観光だけでなく、住むということでも人気があります。

一戸建てということになりますと、庭付き一戸建てという言葉が流行した時代もありましたが、それは土地があるところでは可能ですが、地価が高くなりますとどうしても同じ予算内でできることとできないことが出てきます。

最終的には何をとるかということになります。厚木でもマンションと一戸建ての相場としては、やはり本当にピンキリとなります。マンションでも高層階でしかも駅近となりますとかなり高くなりますし、一戸建てでも高級住宅街となりますとかなり高くなります。しかし、そういったところではないところでも、土地がないとなりますと自転車置き場には困るものです。

マンションには、一般的には自転車置き場ということで専用の場所が設けられています。システムとしては場所を抽選などで決め、月々、年間で利用料金を管理組合に支払うということになります。一戸建てにおいては、自転車置き場は普通駐車場の横に置いたり、玄関の近くに置いたりすることが多いのですが、たとえば台数が1台ではなく数台あり、さらにスペースが思うようにないということになりますと、縦型の駐輪スペースというものをつくったり、色々な方法があります。

できれば、あらかじめその場所を設定しておくということでほかのスペースも取りやすくなりますし、効率よく場所を使うことができるようになりますので、駐車場のことを考える時に、ぜひ駐輪場のことも検討してみてください。

今は、マンションでも利用されているような縦型のものや、またコンパクトに収納できるようなタイプの駐輪スペースを作ることもできます。ぜひ相談されてみてください。自転車一つにしても、きちんと停めることができますと、見た目的にもまとまっていてきれいですし、防犯上の点でもメリットがあります。

こういうところでだらしがないと思われてしまいますと、空き巣に入られたりする確率も上がるという傾向があるのです。”