支払われるまで

交通事故の慰謝料が支払われるまでの流れ

交通事故に遭ってしまうと、突然に普通の生活ができなくなります。それだけでも仕事や生活に大きな支障が出ますし、収入や体の不具合が出てしまい、最悪の場合はそれがずっと残ってしまう場合もあります。そんな時のケアを金額で表したのが慰謝料です。

この慰謝料が納得のいく金額が初めから提示されるのはごく稀です。相手もできるだけ支払いをすくなくしたいと考えて交渉してきますので、大変な時ではありますが、情報を集め勉強をして対抗できるようにしておくと良いでしょう。それには全体の流れを知っておくと、どこで交渉をすればいいのか、どこまで粘った方がい良いのかなどがわかり、気分も余裕が出ます。

交通事故の慰謝料を請求するのは、治療もすべて終わった段階からです。慰謝料だけ先にと言うことはできません。治療費や後遺障害、休業補償などすべて一括にして請求しますので、治療はもちろん、後遺障害の認定が確定してからとなります。

任意保険会社が入っていれば担当者と、入っていない時は加害者本人と交渉することになります。相手がこのくらいでと言う内容を提示してきますので、その内容が妥当なのかをチェックします。このチェックはその場で行わない方が良いでしょう。一度持ち帰って、時間をかけて見返す方が漏れを見つけたり、低く見積もられているところを見つけられます。

また、第三者の視点も入れたり、専門家に妥当かどうかを見てもらうのも良いでしょう。交通事故の場合は過失の割合や、症状の大きさによっても計算が異なってきますので、慰謝料がどこくらいかは重要なポイントです。納得できたらサインや押印をします。これをしてしまうと、後からやり直しはできません。納得できなければ、サインはせずに相手方に交渉して金額を上げるように働きかけます。

交通事故の慰謝料請求から確定までの流れは、全ての治療が終わってから話し合いの繰り返しとなります。交通事故は心にも体にも大きな負担となります。その上で交渉もしなくてはならないので、時には辛く感じるでしょう。しかし、そこで妥協してしまうと自分の交通事故の評価を低くしてしまいますので頑張りどころです。

場合によっては弁護士を入れるなどして対応すると、納得の金額になり、手間もいくらか軽くすることができます。どのような方法をとっても、あきらめずに交渉することが大切になってきます。そのためには事前に情報を調べておく、状況を整理しておくと良いでしょう。