自治会加入のメリット

厚木の一戸建てに住む際の自治会加入のメリット

厚木で一戸建てに住む場合、その町内の自治会へ加入するよう勧められます。加入すると、まずは年会費を支払い、月1回の広報誌を受取り、回覧板が回ってきます。それと同時に、自分の家が所属する班の班長、副班長の順番も回ってきます。75歳以上のお年寄りや持病のある方は班長、副班長の任を辞退することができます。

班長になると、班の代表として月1回、班長会に出席します。年度の始めにはその中から会長、副会長、会計といった理事を選出します。自治会によっては、同じ人が何年も会長を引き受けているところもあります。

理事の決め方は立候補、くじ引き、ジャンケンなどさまざまです。万が一、理事になってしまったとしても、ほとんどの人が初体験ですので、お互い協力しあって事を進めていくことができます。その経験は、自分の住む町の歴史や交通、人のつながりなどを知ることができるとても貴重な機会となります。

一戸建ての自治会はマンションと違い、広範囲にわたる集合体です。ですので、隣近所、向かいの家ともおつきあいがありますし、町内をあげての落ち葉拾いや公園掃除、防犯パトロール、避難訓練など、参加することが面倒に思えるイベントが年間通していくつもあります。

しかし、同じ厚木市内に住む近隣の者同士、イベントごとに顔を合わせることで、性別、年齢をこえて、挨拶をする知り合いや気を許せる隣人を自然と作ることができます。また町内で起きた犯罪をメール配信してくれるサービスや、回覧板でのイベントなどの連絡もありますので、一戸建てに住む者にとって必要な情報を受け取ることができます。

子どもがいる世帯なら、自治会に加入することで、さまざまなイベントに家族で参加して町中の人たちに親子ともども顔を覚えてもらえば、子ども達の安全にもつながります。例えば子どもの小学校への登下校中、家の前を掃除している近隣の人が挨拶をしてくれたり、道で会った時に子どもに声をかけてくれることはとても心強い安心となります。

一戸建てでお年寄りがいる世帯であれば両隣りの家とのつながり、声掛けはとても大切です。それは震災時など、非常事態の時に大きな助けとなります。

最近では年会費の支払いや班長、理事などの負担、イベント参加への面倒さから自治会に加入しない選択をする世帯もあるようですが、厚木の一戸建てに住むのであれば、加入した方が顔見知りが増え、楽しく安全に暮らすことができるはずです。”